リーグ戦

2013年Jリーグ第33節 アウェイ サガン鳥栖戦 雑感

投稿日:


情けなさ過ぎる結果となりました。 本当の勝負弱いですなあ...(怒)

完敗! どちらが優勝争いしているか分からない試合内容だったと思います。 折角、新潟が意地を見せてくれたのに、本当に情けない...。 遠方の地まで応援に行ったサポーターに失礼です、あんな無様な試合をして...。

試合終了間際に失った4点目なんて、完全にやる気を失っているのが見え見えでした。(確かに気持ちは分かりますが、それが分かるような試合をしているようでは、プロとして失格だと思います。)

直近のリーグ戦3試合で、10失点...(ーー;)  これじゃ、勝てる訳ありませんよね! いっくら攻撃サッカーを目指し、2点取られたら3点取るサッカー...なんて言っても、これだけ失点が多くては、さすがに厳し過ぎます。(っていうか、今のレッズでは得点すら期待出来ない)

愚痴ばっかりのコメントになってしまいましたが、個人的に、今日の試合がワーストではないかと思います。 川崎にもチンチンにされましたが、それ以上に屈辱を感じた試合内容でした。

さて、残り1試合となりました。 結局は、去年と同じ状況になっています。 ACLの出場枠をゲット出来るかどうかの最終節...。 何か、去年より進歩したところはどこだったのか? 結果だけをみれば、何の進歩もなかったの??っていう印象です。

個人的にはACL出場枠は、どうでも良くなりました。 そんなもんを取ってしまっても、今のレッズでは両方を戦えるとは思えません。 結局、メンバーを固定しないと上手く出来ないミシャサッカーであれば、リーグ戦だけに集中した方が良いんではないか? と思います。 ナビスコカップの予選に若手を使って育成も出来ますから、その方がクラブ全体としてはプラスになるような気がします。

今のレッズは、C大阪にも勝てるような気がしませんので、最終節は、暢久、野田、永田(拓)にサヨナラするためだけに参戦するようなもんです。 もう優勝はないのですから、暢久を先発で使って欲しいくらいです。(ACLが掛かっているから無理でしょうけどね...。)

愚痴だらけの投稿で申し訳ありませんでした。 それくらい、本日は機嫌が良くない管理人でした。

ではでは...(^^ゞ

ご協力、是非お願い致します。
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村

-リーグ戦

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

関連記事

no image

2013年 Jリーグ第25節 浦和レッズ vs FC東京戦 雑感

全得点がヘディングで決まるという、ちょっと珍しい試合でした。 結果は、3-2の敗戦。 レッズは、また首位になれるチャンスを逃してしまいました。(本当に、ここぞっていう試合に弱いですね~T_T) それに …

no image

2013年 Jリーグ第16節 浦和レッズ vs 川崎フロンターレ 雑感

……(ToT) いやあ… 最悪の結果でした。 危惧した件が全て出てしまい完敗です。 今季のワースト試合でしょうね…(ミシャは、彼自身が浦和の監督になって …

no image

2013年 Jリーグ第21節 浦和レッズ vs 大分トリニータ戦 試合前

明日は大分トリニータ戦です。 アウェイ大分戦(第3節)のリベンジをしないといけません。 (管理人は、はるばる大分まで駆けつけたのに勝点1という結果でした。2点先行されたので負けも覚悟した試合でした&# …

no image

2013年 Jリーグ第16節 浦和レッズ vs 川崎フロンターレ戦 試合前

明日は等々力で川崎フロンターレとの一戦です...! 中2日での戦いなので、体力的な部分が心配です。(・・;)  まあ、川崎も同じ条件なので有利不利はないのですが、先日のFC東京戦のパフォーマンスを観る …

no image

川崎フロンターレ 試合後

昨日の投稿でも川崎フロンターレ試合後のゴール裏について触れましたが、映像を掲載出来なかったので、改めて掲載しますね…(*_*; 柏木と森脇が深々と頭下げていましたね~ (-_-;)  こう …

ブログ管理人

  プロフィール           Nagasanです。 浦和レッズの魅力を、このブログでお伝えできればと思っています。 詳しくはプロフィールをご覧下さい。