Jリーグ

Jリーグ ナビスコカップ セレッソ大阪戦 第2レグ 雑感

投稿日:2013/07/01 更新日:


2013年 Jリーグ ナビスコカップ、浦和レッズがベスト4進出決定\(^o^)/

絶対にやってはいけない先取点を試合開始早々奪われた時、こりゃ、アウェイゴールも追いつかれるのは時間の問題だなあ~って思いました、本当に...(-_-;)  1点を失った後も追加点を奪われそうなシーンは幾つもありましたからねえ~。 その流れを変えたのが梅﨑 司!! 本当に素晴らしいゴールでした。 このゴールで息を吹き返したレッズ、その後は、逆にペースを握り返しました! (恐らく、セレッソ大阪は、同点に追いつかれた時の精神的ダメージは大きかったと思います) もし、先に2点目をセレッソ大阪がゲットしていたら結果は違っていたと思いますね。 それだけに、司の同点ゴールは値千金でした!!!  準決勝は川崎フロンターレです。 ミシャは広島時代から川崎とは相性が良くないようですが、個人的にはベガルタ仙台よりは戦いやすそうな気がしますけどね…? いずれにしても、楽しみが一つ増えました。

さて、試合そのものとは別の話題に触れておく必要があります。 セレッソ大阪のサポーターが、前回の試合の際に掲げたレッズサポの2ステージに対する問いかけに応えてくれました。 「セレッソファンも2ステージ制には反対!」 セレッソファン??のところがちょっと気になりますが(笑)、キチンと応えてくれた事は嬉しかったですね。^_^;  そのセレッソサポの応えに、更に「そやろ......」って返すレッズサポも、さすが...って云うか、事前に用意していたんでしょうか? それとも、その場で横断幕を作製した?? もし、セレッソサポの対応が2ステージ制に賛成だったら、違う反応の横断幕を準備していたのでしょうか?? ちょっと気になりますな。 どんなにサポーター達が反対しても、Jリーグ側の意向で決まってしまうのでしょうが、 このようなサポーターの意思表示は大切な事だと思います。 願わくば、サポーターの声が届く事を期待したいですね!!

ではでは...(^^ゞ

アレアレー、梅﨑、アレアレ、司、ラーララ、ララーララ ♪♪

いつもご協力頂き、感謝感謝...m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

 

 

-Jリーグ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

関連記事

no image

Jリーグ20周年 ベストマッチに選出!!

ちょっと記載が遅れてしまいましたが、Jリーグ20周年のベストマッチに、2006年最終節の浦和レッズ vs ガンバ大阪が選出されました。 素晴らしい  当時、私はチケットが取得出来ず、浦和のティナラウン …

no image

明日のナビスコカップ フロンターレ川崎戦 布陣

今日は、少しばかり過ごしやすかったですかね!! でも、まだ蒸し暑いですけど...(>_<) さて、既にご存じかと思いますが、な~んと、明日のナビスコカップは4バックで臨むという情報が入って …

no image

2013年ナビスコカップ 準決勝 浦和レッズ vs 川崎フロンターレ戦 試合前

9月7日(土)は2020年のオリンピック開催地が決定する日ですね。 でも、我々レッズサポにとっての関心度&重要度は、ナビスコカップ準決勝(川崎フロンターレ戦)の方がはるかに高いのです...(・へ・) …

no image

2013年ナビスコカップ 準決勝 第二レグ 浦和レッズ vs 川崎フロンターレ戦 雑感

やりましたー \(^o^)/ なんと、国立(決勝)進出です!! 苦手な川崎に対して、試合内容も非常に良いものでした。 ただ、好機を何度も逃していたので、正直、「こりゃ駄目かも...」って思っていました …

no image

Jリーグ再開!

長い中断期間を終え、今週末からJ1リーグが再開されます…(^^)/  Jリーグサポにとっては漸くって感じですが、始まった途端に今度はいきなり過密日程なんですよね~(-_-;) 6日(土)、 …

ブログ管理人

  プロフィール           Nagasanです。 浦和レッズの魅力を、このブログでお伝えできればと思っています。 詳しくはプロフィールをご覧下さい。